最高月収130万円 × 800日毎日更新ブロガーがとどける「副業とブログ」の情報サイト

webライター初心者は副業でスキルアップ!未経験で仕事を取る手順4選

WEBライターをやってみたいけれども初心者には難しい?

未経験でも仕事がとれるのか?

いま、副業でも在宅で主婦からも人気となっているWEBライターについて書いています。

WEBライターとは記事を書くお仕事です。

パソコンの1つあれば、どこでも自由に好きな時間に仕事をすることができるとして人気を集めています。

実際に私もWEBライターの仕事もすることがありますしが、副業やアルバイトとしての仕事には最適です。

初心者でも、未経験でも十分稼げる可能性がある仕事なので、スキルを身に着ける方法を紹介しています。

webライター初心者は副業でスキルアップ!未経験でも稼ぎやすい仕事

WEBライターは稼げる仕事なのでしょうか?

これについては「スキルがあれば」稼げる仕事です。

しっかりと記事をかいて、アクセスを集められるような構成を作れる人であれば十分稼ぐことが可能ですね。

私も最初のころは文字の単価が低かったため、稼ぐことは難しかったですが今はそれなりの単価をいただくのでライターとしてもお金をいただくことがあります。

ちなみに私はWEBライター歴が5年ありますのでそれなりに高いです。

副業でwebライターは人気!報酬の相場【初心者が稼げる仕事】

WEBライターが初心者向きな理由はいろいろとあります。

WEBライターが初心者に向いている理由

 

・文字を書けば報酬につながる。

 

・お金をもらいながらスキルアップをすることができる。

 

・仕事を継続的に取りやすい。

WEBライターの仕事は1文字あたり〇円という相場です。

初心者の場合は1文字0.1円~0.3円くらいとなりますので大きなお金を稼ぐことはできませんが、スキルが身につき、能力も上がればお金はあとからついてきます。

私は今は2円~4円くらい1文字でお金をいただくので、1000文字書くだけでも2000円~4000円くらいです。

経験を付けて、スキルが身に付けばどんどん稼げるようになります。

そもそもスキルがなくても300円をもらって記事を書く勉強ができるということはすごいことですよ。

初心者がwebライターで仕事を取る4つの手順【未経験でも稼げる】

では、実際に初心者がWEBライターになる方法を書いていきます。

初心者がWEBライターとして仕事をしていく場合には「いきなりやること」です。

経験上ですが、一記事を書いてから勉強をするほうが絶対に効果があると思っています。

スキルを身に着けるためには迷っているよりもすぐに行動をするほうが効果が高いので、やってみましょう。

1.一度自分でメモで書いてみる

パソコンを用意して実際に1記事かいてみましょう

時間を決めて300文字から500文字くらいを一度書いてみると良いでしょう。

書いてみると、文字の書き方の難しさや段落の作り方、文字数を入れる方法などわからないことがでてきます。

それでもかまいませんので1記事をまずは書いてみることをおすすめします。

2.仕事の依頼を受けて書いてみる【求人へ応募】

次に早速仕事の依頼を受けてみましょう

仕事の依頼を受ける方法は簡単で、クラウドワークスやランサーズに登録をしてみるとたくさんのライティング案件があります。

WEBライターの仕事を探す

 

ランサーズ:ライティングの案件がたくさんあります。登録をしておいて間違いないサイトです。

 

クラウドワークス:ランサーズと同じような会社です。登録しておきランサーズと比較をしましょう。

ここでは「初心者向け」「未経験向け」などライティング指導もついている案件もあります。

指導が入ると1文字当たりの単価が0.02円とかなり安くなりますが、ノウハウや記事の書くためのカリキュラムなどが手に入ります。

それを見ながら数記事書き、スキルを身に着けて他の案件の依頼を受けてみましょう。

3.本やブログ youtubeからライティングの知識を学ぶ

ライティングを10記事くらい書いてみると、どんなことを書くのか、求められる内容がわかってきます。

そこで、初めてライティングの本や記事の書き方を学びましょう。

ライティングの基礎ならば「新し文章の教室」がおすすめです。

新しい文章力の教室

 

ここに文章の基礎が書いてあります。

またyoutubeにもライターの基礎的な講義をしてくれているものがたくさんあります。

おすすめは複数の書き方を見て、学んで実践をしてみることです。

4.繰り返し記事を書きスキルアップ【ライティングのアウトプット】

ライティングはいきなり身に付くものではありません。

コツコツ記事を書き続けることにより、スキルがアップをしてきます。

1日に10記事かくよりも、1ヶ月間に30記事毎日書くほうがスキルは間違いなくアップをしますので、記事を書く仕事にチャレンジしてみましょう。

ただし、単価が上がらなければ稼げませんので、次に文字の単価を上げる方法を書いています。

webライター初心者が単価を上げる方法とは?高単価のライターの特徴

単価を上げるにはスキルをアップするしかありません。

WEBライターにとって初心者が単価を上げるためにはその方法しかないのです。

高単価のライターは「アクセスを集められる」「キーワードに対して良質な記事を書いてくれる」「すぐに記事を上げてくれる」と言うものです。

また、スキルの目安となるポートフォリオも持っています。

スキルを身に着け半年間継続する

ライティングは3か月くらい継続すれば一定のスキルが身に付きます

そのスキルをもとにどんどん単価の高い記事や書ける記事にチャレンジしてみましょう。

クラウドワークスなども定期的に記事を出してくれる人を求めていますので、企業の案件だと単価がさらにあがる可能性もあります。

定期的に記事を書き、一人前と言われる6ヶ月で100記事を目指してください。

SEOスキルを身に着けアクセスを集める実績を作る

SEOのライティングは身に着けるべきです。

ライティングを依頼する人たちの目的は「アクセスを集めること」です。

そのためにできることを記事化すればよいだけですので、SEOに関しては知識や技術を身につけましょう。

ブログ【サイト】を運営してPVをアピールする

私がライティングの単価を上げるきっかけとなったのはブログを運営していることです。

ブログは本当に大変な作業なのですが、継続して記事を書くことによりアクセスがあがっていきます。

私は複数のブログを運営しており、一日に100PVのものがあれば、1日に2500PVのものなどがあります。

月に3000PVではなかなか難しいですが、月に5万PVをこえると一気に単価があがります。

ブログはアクセスを集めれば収益化にもつながりますし、ライティングスキルのアップにもつながります。

一石二鳥なのでぜひチャレンジしてください。

人気記事 → WordPressブログの作り方を初心者向けに画像40枚 無料で徹底解説

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です