最高月収130万円 × 700日毎日更新ブロガーがとどける「副業とブログ」の情報サイト

副業WEBライターで月5万円稼ぐ方法!未経験の始め方と手順【裏技も】

Takashi

元保育士で副業サラリーマンのたかしです。

月に100万円をアフィリエイトで稼いだ実績もあります。

別にブログも運営をしており月に7万PV達成!

たまにWEBライターの仕事も請け負っており収入の1つになっています。

WEBライターも副業の一つとして人気です。

WEBライターと聞くと聞こえは良いですが、ブログやアフィリエイトのサイトへの記事を書くお仕事です。

副業はもちろんパソコン1つあれば自由に誰でもできますので主婦など在宅で仕事をしている人には人気です。

実は私もブログやアフィリエイトで実績があるためライティングの依頼もありたまに請け負っています。

この記事ではそんなWEBライターについて書いています。

記事を読み終えることでWEBライターは稼げるのか?仕事の内容やWEBライターとして月5万円を稼ぐための方法がわかります。

副業WEBライターで月5万円稼ぐ方法!未経験の始め方と手順【裏技も】

WEBライターのお仕事は実は誰でも始められます。

私もこのブログは自分で記事を書いていますが、他のブログなどでは外注さんに依頼をしているものもあります。

WEBライターの仕事は記事を書いてお金をもらうものです。

そのため、ブログとかのように積みあがっていく仕事ではないのですが書いた分だけお金をもらうことができますので稼ごうと思えば記事を書けばよいです。

ライターの良いところは自分のスキルになりますのでお金をもらいながら自分のスキルが伸びるという点も大きいなメリット。

ライターとして実力が付けば、

 

・記事のライティング力が上がれば単価が上がり稼げる。

 

・ブログを運営して広告収入を得られる。

しかも、受注をすればお金をもらいながらスキルも身に着けられ学べるという大きなメリットがあるのです。

WEBライターは経験値次第

WEBライターとして稼ぎたいならば「経験値を上げる」ことです。

ドラクエやFF(ファイナルファンタジー)と同じで最初のレベル1はライターとしても雑魚です。

そのため単価も低いですし受注ができる仕事も限られてしまいます。

しかし、レベルが上がり記事のクオリティもあがれが経験値があがるため稼げるようになります。

ライターの単価は下に書いていますがそこまで最初は高くありませんが経験値次第でいくらでもあがります。

私も最初は驚くほど低かったですが、今は1記事3000文字程度書くだけでも稼げてしまいますので経験を積んで実績を作りましょう。

ニーズの多いライターは副業向き

実はWEBライターという仕事はニーズがあります。

その理由はブログが副業としても人気ですし、企業がオウンドメディアを作って記事を入れるという方法が今主流のためです。

特に記事の質は重要で、アクセスが集められる人材ほど重宝されます。

記事をしっかりと書いてアクセス伸ばせる人は需要もありますし「自宅でいつでもできる」「好きな時間にできる」という2つのメリットが副業に向いている理由です。

副業ライターの始め方と手順【未経験向き】

次に未経験の人がWEBライターになる始めた方と手順を紹介していきます。

未経験でもWEBライターなれます。

不安に思うかもしれませんが、きちんとやればだれでもできますので以下の3ステップを学んでみましょう。

私もライティングは独学ですが、コツコツ学び本を読んだり、記事を書いてアクセスを上げることで収益をえられています。

1.ライターの学習をする

まずはライターとして仕事をするために学習をしましょう。

学習といっても何をすればよいのかわからないですよね?

そんなときにおすすめは本を読むことです。

私はライティングをしながら以下の2冊の本を読みんでライティングについて学びました。

新しい文章力の教室

新しい文章力の教室は、文章の書き方の基礎が学べる本です。

監修をしているのはナタリーというWEBサイトの編集長です。

記事を書くために構成を決めてからという基礎的なことが学べます。

私の記事はこの本が参考になっていますし、他の本も読んで身に着けましたが最初に読んでおいて間違いない本です。

文章を書くための作り方が学べる本です。

沈黙のWEBライティング

こちらはSEOに特化をしていているWEBライダーがライティングの基本を漫画と説明で構成して説明してくれる本です。

ライティングは文章を書くだけではなく、WEBの基本的な書き方があります。

その基礎的なルールが守れていないとどうしようもありません。

この本はWEBライティングの基礎を学べますし、SEOライティングの基礎が学べる本です。

2.ライターの仕事を受注する

次にライターとしてデビューをしてみましょう。

「いきなり?」と思う方もいますが、学んだら実践しかありません。

今はネット上でライターを探している方はたくさんいますので、取り組めそうな仕事を受けてみましょう。

仕事を受けるは以下の2つがおすすめです。

WEBライターの仕事を探す

 

【ランサーズ】:ライティングの案件がたくさんあります。登録をしておいて間違いないサイトです。

 

【クラウドワークス】:ランサーズと同じような会社です。登録しておきランサーズと比較をしましょう。

私はどちらも登録をしてたまに受注をしています。

文字を書くことが苦痛な方は「文字が少なめの案件」を選びましょう。

多少ライティング経験があるのならば「自分が書けそうな案件」を選んで記事を書いてください。

いきなり受注をするのは「腕試し」「受注者からフォードバックをもらえる」と言う点です。

3.単価を上げる交渉をする

ライティング依頼を受けて記事を書いていればスキルも上がってきます。

その時にできれば同じ依頼主の案件を受けておくとよいです。

理由は「求めている記事がわかる」「知り合いになっている」「交渉もしやすい」と言う点です。

依頼主の仕事の期待に応えていれば、勝手に単価があがりますし時には「少し単価アップできませんか?」と交渉をしてみましょう。

良好な関係ならばスムーズに進む場合もあります。

交渉の時期は3か月後を目安にしましょう。

ライターデビューをしたあなたの記事は「クオリティ低い、内容薄い」ですので正直あまり使い物にはなりません。

その状態から継続していくと以下のような扱いになります。

ライティングのレベル

 

・3か月後には「クオルティ少し上がる、経験あり」

 

・6ヶ月を経過すると「クオルティ中~高い、経験も豊富」

期間が経過をするにつれて単価の交渉をしてみましょう。

WEBライターの相場と月5万円の目安

そんなWEBライターの相場について書いていきましょう。

実際に記事を書くとなったときに「相場はいくら?」と言う点は気になります。

正直ライターの仕事はそこまで高くなく、1文字1円が単価の相場です。

ランサーズやクラウドワークスだと最初は1文字0.5円~0.8円程度が相場で低めですが、30記事程度納品をすればあがるという仕組みです。

想定の月収をしてみると、1文字1円で一日に1000文字を1ヶ月書けば月3万円程度です。

ライターは単純に「文字単価×文字数×記事数」で収入が成り立ちますので、単価を上げることでしか収入を上げられません。

WEBライター相場の単価

 

・半年未満:1文字1円以下

 

・半年以上~1年未満:1文字1円~1.5円

 

・1年以上~2年未満:1文字1.5~2円

 

・2年以上~:1文字2円~

副業ライターのスキルアップはブログ開始【裏技】

副業ライターをしながらスキルアップをする方法があります。

私はどちらかと言えばこちらの方法です。

最初はアフィリエイトから入り記事を書くことに専念をしてきましたが、今はブログの運営とライティングのどちらもできます。

上記のようにライターだけだと単価アップまで時間がかかってしまいますので、もっと早く単価アップをするための裏技を紹介します。

1.ブログを開設する

まず、自分のブログを開設しちゃいましょう。

無料ブログでもはてなブログの有料でも、ワードプレスでも構いません。

ブログを開設し、テーマを決めて実際にライティングをして記事をアップしてみましょう。

ブログを開設する狙い

 

・ブログを書いてライティングスキルをつける。

 

・ブロガーの気持ちがわかる。

 

・アクセスを集める、報酬を手に入れるの流れをしる。

ブログを開設すれば書き手の気持ちも、書いてほしい依頼主の気持ちもわかりますしアクセスが集めれば報酬にもなります。

→ WordPressブログの作り方を初心者向けに画像40枚 無料で徹底解説

2.記事を10記事程度書いてみる

ブログを開設したのならば記事を書いてみましょう。

できれば10記事程度を段落や目次も決めて書いてみると良いです。

ライティングスキルは記事を書けば書くだけ上がりますし、アクセスが集めることができればSEO対策をした記事を書けることにもなります。

10記事程度で1記事2000~3000文字程度書いてみましょう。

なぜ文字数かというと、ランサーズにしてもクラウドワークスにしても「文字数を求める」傾向にあるためです。

Googleの良質な記事の定義に「網羅していること」という点があるため文字数を求めている依頼主が多いです。

それに答えれば1記事を書くだけで2000~3000円になるため報酬としても悪くないですよね。

3.ライターの仕事を受注する

10記事書けば初心者ではなくなりますし経験者として受注することができます。

それだけでも単価が変わりますし、文字数を書くことができればそれだけ報酬も増えます。

受注をしたら先ほども紹介をしたように「単価アップの交渉」をしましょう。

副業ライターで月5万円稼ぐ方法

副業ライターで月に5万円を稼ぐには、1日1500文字程度を30日間書けば約45,000円程度となります。

土日を休むとすると、1日2000~2500文字程度を20日間書けば月に5万円ですね。

最初は単価がどうしても低いため5万文字を一か月に書くと思っておきましょう。

一日2000文字くらいが書けるならば余裕ですし、単価が上がればその分稼げる額もかわりますので、ここからは記事の単価を上げる方法を2つ紹介します。

自分のスキルを活かす

ブログの記事を書く時に大事なことは「権威性」「信ぴょう性」と言う点があります。

例えば、病気のことならば医者、子育てのことなら保育士、ブログのことならばブロガー、髪の毛のことなら美容師というようにその分野のプロがいます。

絶対に何らかのスキルを持っており、誰にもできないようなことができますのでそれを活かす方法です。

私は元保育士なので子育て、保育士のことは書けますし、アフィリエイトでの実績、ブログ運営などについては権威性や実体験が書けます。

記事の受注はいろいろとありますので、自分のスキルに見合った記事を書いてみましょう。

同じ依頼主に継続的に仕事をもらう

次に同じ依頼主から記事の受注を取りましょう。

最初に信用をしてもらえばあとは継続して記事を書くことができ、単価の交渉もしやすいためです。

また、同じ依頼主ならば記事に「何を求めているか?」「どんな文章が好きなのか?」が分かりますので対応もしやすいです。

最初から大量受注を浮ければより単価もあがります。

副業ライターが月5万円稼ぐ方法のまとめ

ここでは副業におすすめのWEBライターについて書いてきました。

私は副業サラリーマンなので、会社から「ブログをすること」「報酬を得ること」はもちろん許可を得ています。

WEBに関しては知識は少ない人が多いため記事のライティング依頼をうけて別報酬としていただいていますね。

副業でライターは初心者でも未経験者でも手軽に目指せる仕事です。

未来もある仕事ですので、ぜひチャレンジしてみましょう。

もちろんライターとして活躍をしても良いですし、ブロガーとしてデビューも可能です。

人気記事 → アフィリエイトaspのおすすめ5選!広告で収入を得る方法

人気記事 → WordPressのテーマのおすすめ10選!無料 有料のテーマと変更のやり方

6 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です