最高月収130万円 × 800日毎日更新ブロガーがとどける「副業とブログ」の情報サイト

ロング テールはseoでアクセスアップ【初心者がすべき対策のコツ】

・ロングテールSEOってなに?

・アクセスが集まらないのだけれど、どうしたらいい?

ロングテールSEO

あまり聞いたことがない言葉かもしれませんが、初心者にはおすすめの方法です。

ブログを始めた人にとってアクセスを集める感覚を養うことは大事だから。

誰でもできるロングテールSEOについて、ここでは書いていきますね。

ロングテールSEOとは?検索数が少ないKW【個人ブロガーが勝つ戦法】

ロングテールSEOとは?3語や4語からなるキーワードでアクセスを集めることです。

この画像を見てください。

ビッグはいわゆる「脱毛」「キャッシング」です。

ミドルは「脱毛 おすすめ」「キャッシング 比較」当たりで、このどちらかで上位表示できれば強いです。

しかし、初心者には不可能ですので、ロングテールキーワードを狙うべき。

例えば「脱毛 おすすめ ミュゼ」「キャッシング 比較 プロミス」のような3語あたりを狙いましょうということ。

実はアクセスの80%はロングテールキーワードなので、小さなアクセスを集める方法です。

ビッグキーワードのSEOは集客・上位表示が難しい

ビッグキーワードで上位表示できれば強いです。

たかし

私も一度経験がありますが、広告収入がどんどん決まります。

ただし、一過性のものがほとんどですぐに消えてしまうため、継続性や持続性と言う点で難しい。

また、上位はトップアフィリエイターや企業がたくさんいますので、避けておく方が無難といえるでしょう。

2020年5月の変動で企業サイトが有利に

また、2020年5月にGoogleアップデートがありました。

その結果、企業サイトが上位へいくように仕様が変更されてしまっています。

そうなると、個人でビッグやミドルのキーワードへ食い込みことは困難ですので、ロングテールを狙う戦略をおすすめします。

個人ブロガーが勝つ弱者の戦法【1つの戦略】

個人ブロガーがオワコン。

そんな風にいわれていますが、まだ大丈夫!

ロングテールのキーワードは企業も、トップアフィリエイターも狙いませんので穴場だらけ。

そこを狙ってアクセスを集めることが賢い方法だといえますね。

ロングテールSEOメリットデメリット【継続的なアクセスが見込める】

ロングテールSEOメリットデメリット【継続的なアクセスが見込める】

ロングテールSEOのメリットデメリットについて書いていきます。

私のアクセスの大半はロングテール。

つまり、スモールキーワードからのアクセスです。

実践をしているメリットデメリットについて書いていきますね。

ロングテールSEOのメリット【集客とアクセスの安定】

ロングテールSEOのメリットは集客とアクセスの安定です。

こまかなキーワードでアクセスを拾ってきてくれますね。

3つのメリットを書いていきます。

1.上位表示が狙いやすい【検索されやすい】

ロングテールキーワードは上位表示がしやすいです。

理由は「企業は狙わない」「ライバルが弱い」ためです。

そのため、あなたがSEOに沿った記事を書いていれば上位表示もされやすいといえますね。

2.キーワードが明確で記事が書きやすい

キーワードが明確で書きやすいです。

ロングテールSEOのメリットはキーワードが細かく、悩みも深いこと

そのため、記事もしっかりと深い記事を書くことができます。

3.高いコンバージョンが見込める

悩みが深いので、訪れる訪問者も本当に悩んでいます。

それに見合う記事を書いていれば悩みの解消につながります。

また、商品も売れやすいメリットもありますね・

ロングテールSEOのデメリット【対策をする必要あり】

メリットのあるロングテールSEOですが、デメリットもあります。

実際に運用をしてみてデメリットに感じた3つのポイントを書いていきます。

1.アクセスが集まるまで時間がかかる

アクセスが集まるまでは時間がかかります。

小さなキーワードが無数に広がって集めてくれることになりますので、なかなか大きなアクセスにはなりません。

半年くらいはアクセスを集める記事になるまで時間がかかると思っておきましょう。

2.キーワード選定を間違えるとアクセスなしの可能性

そもそも狙うキーワードが小さいです。

そのため、キーワード選定を間違えるとアクセスがなしの可能性もあります。

記事を書くよりもキーワード選定に力を入れるようにしてください。

3.初心者は1記事に時間がかかる

記事にこまかなSEOキーワードも入れることになります。

そのため、1記事を書くのにとにかく時間がかかってしまいますね。

初心者は最初の10記事をしっかりと書いて、こまなかアクセスを集めてください。

ロングテールSEOの戦略とは?ブログへ小さなアクセスを集める

ロングテールSEOの戦略とは?ブログへ小さなアクセスを集める

ロングテールSEOのコツは、アクセスを集める道をたくさん持つことです。

そんな運用のコツについて書いていきます。

1記事10アクセスの考えで運用する

1記事10アクセスを意識しましょう。

大きなアクセスを望むと、ロングテールSEOは失敗します。

10記事で100アクセス、100記事で1000アクセスと積み上げるアクセスを意識しましょう。

大きな成果は求めない【小さなことを積み上げる】

いきなり大きな成果を求めることは辞めておきましょう。

小さなアクセスの集合体がロングテールSEOのキモです。

爆発的なキーワードはある程度アクセスを集めてから運用すべきですね。

キーワードの網羅性で記事を書く

キーワードは網羅することです。

小さなキーワードの記事はたくさんありますが、ロングテールSEOをきちんとやればすべてのキーワードで上位が取れます。

記事構成に時間を書けても、しっかりと網羅性のある記事を書くようにしましょう。

ロングテールSEOのまとめ【ブログへ効果的にアクセスを集める】

まとめ

ロングテールSEOについて記事を書きました。

もちろん最初はアクセスが集まらないかもしれませんが、コツコツやれば「安定」をしてくれます。

また、小さなアクセスがたくさん集まれば大きなアクセスになります。

アクセスが集まらないなと悩んでいる方は、ぜひ実践してみてくださいね。

人気記事 → 【初心者向け】アフィリエイトaspおすすめ15社を徹底比較!

人気記事 → GRC検索順位チェックツールはおすすめ リライトで簡単アクセスアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)