最高月収130万円 × 650日毎日更新ブロガーがとどける「副業とブログ」の情報サイト

サラリーマンが起業するなら副業からがおすすめ!ばれる前に準備

・サラリーマンから独立を考えている。

・将来的に起業を視野に入れている。

サラリーマンから独立を考えている人が多いです。

会社員として仕事をしていたとしても将来的には厳しい状態になる可能性が高いです。

昇給も見込めず、どこの会社も仕事の取り合いとなっているため苦労をしていますので、将来的に自分でやろうと考えるサラリーマンも多いです。

そんな前向きはサラリーマンに伝えたいことは「いきなり起業をするのはリスクがある」ということです。

サラリーマンのうちに起業の準備をしてコツコツやっていくのが賢い人のやり方です。

その理由、やり方について書いていきます。

サラリーマンが起業するなら副業からがおすすめ!ばれる前に準備

サラリーマンがいきなり起業や独立をするのは危険です。

なぜならば、「頭の中がサラリーマンだから」です。

実はサラリーマンから独立してお金を稼ぐために大事なことは「自分で稼ぐ」という頭になることです。

例えば、自分で1円も稼いだことがない人が、独立をして数万円を稼げると思いますか?

おそらく非常に難しい現実があると思います。

そのため、いきなり起業をするのではなく副業からはじめて「収益のめどがたったら」起業をすることをおすすめします。

起業をして成功をする率をしっていますか?

1年で40%、5年で15%といわれています。

つまり、1年以内に半分以上の人は失敗をして借金を背負っている人もいる現実があるのです。

サラリーマンが起業をする理由とは?【将来の不安】

サラリーマンから独立や起業をする人は増えています。

その理由としては「サラリーマンは安定」という考えから「サラリーマンは不安定」という認識に代わってきているためです。

終身雇用の崩壊、年金制度の崩壊、正社員への副業推進などが起こり、今度は正社員のリストラもはじまるでしょう。

つまり、今後はサラリーマンとして仕事をしているだけでは生きていけない世の中になるため、独立をして自分で稼ぐ力を身に着けようという考えになっています。

もちろん、一部の上昇志向のある人だけですがね。

副業をするとばれるのでは?と不安に思う方もいますので副業がバレない方法4選!バレる仕組みと初心者におすすめの副業を参考にしてください。

サラリーマンが起業前に副業すべき理由5選!なぜおすすめ?

しかし、いきなりサラリーマンから起業をするのは危険です。

先ほども書きましたが思考の問題があるためです。

いきなりは稼ぐことは難しいので、まずは自分で稼ぐ力を身に着けるためにも副業からしてみましょう。

もし、失敗をしてもサラリーマンとしての地位があるので生活はこまりません。

成功をした時点で起業をすれば問題もありませんのでその理由についてかいていきましょう。

サラリーマンの収益がある状態で準備をする【メンタルの安定】

まず、一番のメリットは副業に集中ができます。

サラリーマンとして仕事をしていれば、安定をした収入を得ることができます

その状態で仕事をすれば、メンタル的にも「お金を稼がなければ」と焦らずに起業へ向けて副業ができます。

サラリーマンとして仕事をしていれば、焦る必要もなく起業へ向けますね。

副業で得た収益は起業をしたときの資金として使いましょう。

人脈を先に作れる

次に人脈です。

人とあまりかかわらないビジネスでも一人で仕事をすることはできません。

人とのつながりがあり収益を得ることができます。

あなたにとって必要な人や、今後のお客様となりえる人とつながりを作っておくメリットは大きいですね。

ビジネスとして収益化できるか実験できる

副業として実際に起業をするビジネスを始めてみましょう。

あなたは収益を得られると計画していたとしても、実は収益性がなかったり、お金を稼ぐには不向きであったりと言うこともあります。

もしかしたら、あたらしいビジネスに発展をする可能性もありますので、副業として実験できるメリットは大きいですね。

副業からそのまま起業へ移行できる

副業としていて収益がでたり、副業の方が忙しくなればそのまま独立しましょう。

副業で成功をしており、起業をしたい気持ちがあるのばらばこれ以上のメリットはありません。

すぐに独立としてビジネスを発展させていきましょう。

副業で収入を得て起業の資金にする

起業をしたいけれども資金が足りないという場合もあります。

そんなときには副業で収入を得て資金を作りましょう

特に店舗を持つ、在庫を持つ仕事の場合は運用資金が必要となりますので副業で資金を用意しましょう。

サラリーマンの起業準備5選!ばれる前に副業で資産作り

次にサラリーマンが起業をする準備を紹介します。

サラリーマンをしながら副業をするメリットは収益を得ながら準備をすることができる点です。

そのために無駄のないように計画的にしていきましょう。

融資を依頼する【計画をして借金をする】

まずは融資を依頼するならば計画をしましょう。

起業をする内容にもよりますが、一定の資金が必要な場合もあります。

その際には自己資金を用意する、もしくは融資を受けて借金をするという方法のいずれかになります。

融資を受ける場合には準備も必要となりますし、計画も必要なので、会社員をしながら融資のための銀行周りをおこないましょう。

事務所の準備【自宅からがおすすめ】

次に事務所をどうするかです。

もし、フリーに近い形ならば自宅からはじめましょう。

余裕ができたり、社員ができたタイミングで事務所を借りても問題ありませんので考えましょう。

事務所を借りる場合には「立地」「家賃」「広さ」などを考えて借りてくださいね。

社会保険や税金 健康保険の準備【節税方法も】

起業をすると社会保険、税金、健康保険が国民保健に代わるなどいろいろな事情がでてきます。

家族がいるのならば家族の分も考えなければなりませんので、市役所へ行く、税理士、労務士などの相談をしてきめましょう。

起業をするとここが置き去りになりがちです。

きちんと用意をして家族を安心させましょう。

家族がいる場合には理解を得る

起業へ向けて副業で準備をするのは問題ありません。

そのあとに家族がいる場合には理解をえましょう。

日本では少しずつ起業をするというのが当たり前の時代になりましたが、家族からすると「不安が多い」ものです。

もちろんあなたは成功をするつもりしかないと思いますが、きちんと話をして「いつまでやるのか」という点についても理解を得ましょう。

会社に副業がばれる前に確定申告

会社に副業がばれる前に確定申告はしておきましょう。

確定申告は副業の収入で20万円を超えたときに必要です。

そのため、起業準備のために副業をしているのならば確定申告は必須ですので副業で確定申告はいくらの金額?いつ?バレない方法と経費を解説の記事を参考にしてください。

サラリーマンが起業するなら副業から!リスクを考えよう

サラリーマンが起業を考えているのならば副業からやりましょう。

いきなり起業をすると、貯金を食いつぶして終わってしまいます。

1年で40%の人が起業に失敗をしているのですから、少しでもリスクを減らして起業を目指すべきです。

副業でやることで「失敗のリスクを減らせる」「起業の準備ができる」と言う点です。

しかも、会社員として給料をもらえますので、心や収入は安定をしている状態でです。

メリットも大きく、リスクはばれないようにするくらいなので、副業からチャレンジしてみましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です