最高月収130万円 × 700日毎日更新ブロガーがとどける「副業とブログ」の情報サイト

個人で稼ぐ時代を生き抜く方法は簡単【ネットで副業をやるべき】

・これからは「個人が稼ぐ力」を持つ時代?

・副業解禁で自分で稼ぐ力が必要なの?

・どうやれば、個人で稼ぐ力が身に付くの?

個人で稼ぐ時代だなんて言われています。

サラリーマンとして一生を過ごしていくことが当たり前であった日本。

「終身雇用の崩壊」「年金崩壊」でその流れが一気に崩れ、今は副業も解禁をされています。

また、AIの台頭によりどんどん人間の仕事が奪われていくことになるでしょう。

つまり、会社が国が面倒を見てくれるとはかぎりませんので、「個人で稼ぐ力」を身に着ける必要があります。

しかも、早急に。

この記事では「個人で稼ぐ」と言うことについて書いていきます。

個人で稼ぐ時代を生き抜く方法は簡単【ネットで副業をやるべき】

個人で稼ぐとはどのような意味でしょうか?

これはアルバイトや労働をして稼ぐという考えではなく、あなたの力だけで稼ぐというものです。

副業をやりたいという人に、いつも聞く質問があります。

Takashi

お金を自分で1円稼ぐ方法を考えてください。

これに明確に答えられるならば、これからは個人で稼げるようになります。

しかし「アルバイト」「働く」という答えの人は、もっと世の中の流れを知るべきでしょう。

副業解禁でスキルを重視【個人で稼ぐ時代に】

副業が解禁をされていることで、スキルをお金に換えている人がいます。

あなたに何らかのスキルがあるのならば、それがお金に代わる可能性があります。

そうやって、スキルを活かして稼ぐことが「個人で稼ぐ」という意味なのです。

人からお金をもらうのではなく、支払ってもらうことが個人で稼ぐ意味ですね。

個人で稼ぐ方法5選【スキルアップをして仕事を獲得】

では、個人で稼ぐ方法とはどんなものがあるのでしょうか?

実はたくさんの方法がありますので、あなたの最適なものを実践すれば問題ありません。

以下の5つはおすすめの個人の稼ぎ方です。

1.資格を取得して仕事を獲得する【独立できる資格】

個人で稼ぐための方法として資格取得があります。

ただし、何でも取得をすればよいというものではありません。

個人で稼ぐために独立も見据えられる資格にしましょう。

個人で稼げる資格

 

・弁護士

 

・公認会計士

 

・税理士

 

・社会保険労務士

 

・一級建築士

 

・中小企業診断士

 

・司法書士

 

・土地家屋調査士

 

・弁理士

 

・行政書士

この辺りの資格は難関ですが、取得をすれば、個人で稼げる力を十分身に着けられます。

2.ブログやアフィリエイトをして広告収入【ライターも】

ブログやアフィリエイトで広告収入を得ましょう。

これは高度な資格などは必要なく、誰でも初心者から始められるものです。

収入を得る方法としては、ホームぺージを作り、商品を売るだけですね。

初期投資も少なく、パソコンとインターネットさえあれば問題なし。

すぐに始められる点でおすすめで、継続して作業をやり続ければ、稼げる額も大きいです。

→ WordPressブログの作り方を初心者向けに画像40枚 無料で徹底解説

3.SNSでインフルエンサーを目指す【情報発信】

SNSでインフルエンサーを目指してみましょう。

有名なSNSといえば、Twitter、Instagram、Facebookなどがあります。

この辺りのSNSで最低でもフォロワーを1万人くらいにすると、企業から商品やサービスの紹介依頼がきます。

情報発信をすることで収入が可能ですね。

もちろん、SNSを経由して商品を売ることもできます。

4.フリーランスになり仕事を獲得する【スキルや趣味を活かす】

フリーランスになり仕事を獲得しましょう。

フリーランスとはスキルや趣味を活用した、仕事を獲得するための方法です。

例えば、イラストやホームページ、記事のライティングができるなどのスキルを持っている人向けとなりますね。

スキルがお金に代わることはおおいため、クラウドワークスなどで仕事の受注をしてみましょう。

5.スキルを獲得して独立を目指す【エンジニア・プログラミング】

次にスキルを獲得する方法です。

サラリーマンをしながらエンジニアやプログラミングのスキルを身に着けましょう。

実はエンジニア、プログラミングは人材不足が起こっています。

そのため、スキルを獲得して仕事を得れば問題ありません。

フリーランスに近い稼ぎ方と言えますね。

個人で稼ぐ注意点【副業からはじめよう】

次に個人でお金を稼ぐための注意点について書いていきます。

もちろんいきなり始めると、難しいです。

おすすめは副業からはじめていき、稼げるようになった時点で独立する、副業で続けることを考えましょう。

1.学校や会社で教えてくれない個人の稼ぎ方【慣れる】

学校や会社では個人で稼ぐこと教えてくれません

つまり、その間隔が日本人には特にわかりにくいです。

労働をした対価としてお金をもらうしか考えがないためですね。

そのため「自分で稼ぐ」ことに慣れる必要があるのです。

2.1年間は継続をして収益を得る【継続は大事】

1年間は続けましょう。

多くの人は収入を得る前に辞めてしまいます。

ブログにしても、SNSにしても続けられない人が大半です。

継続は力なりという言葉がある通り、続けていけば結果がついてきますので、コツコツ続けましょう。

うまくいくとき、行かない時もあって当たり前です。

3.ゴールと稼ぎたい額を決める【目標へ向けてやる】

ゴールを明確化し、稼ぎたい額も決めておきましょう。

冒頭に「個人で稼ぐ力を身に着けておくべき」と書きました。

それは間違いないのですが、会社がつぶれるわけではありません。

副業として続けていくこともアリですし、独立を目指す方法もありです。

個人で稼げるスキルや力を身に着けておきましょう。

4.危機感をもって副業に取り組もう

将来的に、どんどん仕事がへっていきます

間違いなくAIの台頭により、多くの仕事が奪われることになるでしょう。

「運転手」「レジ打ち」「配達関係」「通訳」など、どう考えてもこれから人間がやる仕事ではありません。

AIの台頭により、仕事が失われ、なくなる可能性が高いので、危機感をもって稼ぐ力を身に着けておきましょう。

→ 副業の始め方は時間の確保とビジネスの決定!おすすめはブログ

個人で稼ぐ力をつけるべき【将来のために備えよう】

個人で稼ぐ力を身に着けておきましょう。

これはすぐにやっておくべきです。

理由は簡単で「今からスキルを身に着けておかなければ手遅れになる」ためです。

今の経済の先行きは不安定ですが、誰もたすけてはくれません。

仕事もどんどんと変わっていき、それに対応をして行けなければ淘汰されていきます。

サラリーマンとしてお金をもらうではなく、個人で稼ぐという考えに変えていきましょう。

人気記事 → ブログで広告収入で稼ぐやり方と仕組み4選!初心者や一般人でも月5万

人気記事 → ドメイン名の決め方と注意点4選!選び方はブログを決めて取得しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です