最高月収130万円 × 800日毎日更新ブロガーがとどける「副業とブログ」の情報サイト

ワードプレスの料金はいくら?項目別の導入費用【相場は月額1000円】

・ワードプレスでブログを作りたい

・ワードプレスは無料で使えるのではないの?

・最初にお金が必要?どれくらいかかるの?

ワードプレスの料金はいくらかかるの?なんて聞かれることがあります。

ワードプレスはオープンソースのサイトですが、もちろん無料で使うことはできません。

それなりに費用が必要となります。

しかし、初心者の人にとっては「何にいくらかかるのか?」がわからないですよね。

そこでこの記事ではワードプレスの料金について書いています。

記事を読み終えることでワードプレスの料金はいくらかかるのか項目別にわかります。

Takashi

ちなみに、このブログは最初に2万円くらいかかっています。

詳細な内訳をかいていきましょう。

ワードプレスの料金はいくら?項目別の導入費用【相場は月額1000円】

ワードプレスはオープンソースと呼ばれるものです。

オープンソースと聞くと難しく感じますが、フリーソフトと一緒で一切お金はかかりません

また、オープンソースでありがならも常時アップデートされておりセキュリティ対策なども万全にされています。

ワードプレスの料金【本体にかかる?】

そのため、ワードプレス自体を使うことは「無料」です。

しかし、ワードプレスを設置するために必要なものがあります。

必要な項目は4つですので紹介していきましょう。

ワードプレスにかかる4つの料金を項目別に解説

ワードプレス自体は無料ですが、以下の4つにお金がかかります。

ワードプレスにかかる費用4項目

 

1.レンタルサーバー

 

2.メインの取得・更新費用

 

3.テーマ・テンプレートのかかる費用

 

4.人件費

ワードプレスを使うためにはドメインとサーバーは必須でなければ使うことはできません。

ワードプレスの設置方法についてはWordPressブログの作り方を初心者向けに画像40枚 無料で徹底解説に書いています。

1.レンタルサーバー

まず最初に大事なものはレンタルサーバーです。

レンタルサーバーとはブログが家に例えると「土地」です。

住所であるドメインを置くために必要なもので年間1万円程度は必要です。

もちろん利用をする会社によって費用や料金はことなりますが、ここをケチると正直あとからもサイトへ影響がでます。

ワードプレスで稼ぎたい、会社のホームページにしたいという場合にはお金をかけましょう。

ちなみにこのサイトはエックスサーバーを使っています。

【エックスサーバー】

おすすめのサーバー2選

では、ワードプレスを利用するためにはどこのサーバーを使えばよいのでしょうか?

初心者の方だと迷ってしまいますよね。

そこでおすすめのサーバーを2つ紹介します。

サーバー名エックスサーバー

(X10プラン)

さくらレンタルサーバー

(スタンダードプラン)

初年度費用16,500円6,285円
2年目以降の費用13,200円5,237円
特徴・安定性抜群

・ハイスペック

・ブロガー、アフィリエイターに人気。

・安価に使える。

・初心者には最適。

公式ぺージ【エックスサーバー】

【さくらのレンタルサーバ】

私も初心者の頃はさくらサーバーの方が費用的に安価であったため使っていました。

しかし、一日200アクセス程度で不具合が起こった経験もありますので今はエックスサーバーしか使っていません。

あとからサーバーを変えることも可能ですので最初はさくらサーバーであとからエックスサーバーへ乗せ換えても良いでしょう。

あと、管理画面が初心者向けのロリポップがあり、エックスサーバーとさくらサーバーのちょうど間くらいのランクです。

この3つから最初は選べば問題ありません。

→ 【初心者向け】レンタルサーバーはエックスがおすすめ!さくらは?

2.ドメインの取得・更新費用

次にワードプレスで作ったブログの住所となるドメインとなります。

ドメインとはURLと呼ばれており「https~○○.○○」の部分です。

ドメインは取得するときにお金がかかり、年に1回更新をするという流れです。

費用は年間1,000円程度ですね。

キャンペーンなどをしているため安くなることもありますが、相場はそれくらいです。

ただし、選ぶドメインによっては次年度の更新費用が驚くほど高くなるケースもありますので気をつけましょう。

ドメインで人気の会社と言えばお名前.comです。

ここで取得をするならば「.com」もしくは「.net」が多いですね。

その場合の費用を比較してみると、

ドメイン名.com.net
登録1年目999円1,160円
登録2年目の更新費用1,280円1,480円

注意をしたいのは、初年度の費用が安いドメインです。

初年度100円だったドメインが、更新費用3,000円という話もありますので注意をしましょう。

ドメイン費用を安くする裏技

 

ドメインも毎年お金がかかりますが、実は「無料にする方法」があります。

 

それはサーバーをエックスサーバーで契約する方法です。

 

定期的にキャンペーンで新規にサーバーを作れば「ドメインをプレゼント」してくれますので実質お金はかかりません。

 

お名前ドットコムへ行く前にエックスサーバーのキャンペーンを先にチェックしておきましょう。

→ ドメイン名の決め方と注意点4選!選び方はブログを決めて取得しよう

3.テーマ・テンプレートのかかる費用

次にかかる費用がテンプレートやテーマです。

このブログはSANGOというテーマを使っているのですが、見た目を変えるために必要なものです。

ワードプレスはサーバーにインストールしたとしても見た目はシンプルで簡素です。

そこにテーマという「服」を着せてあげることによりきれいに整います。

テーマには無料と有料のものがあります。

テーマの違い【有料と無料どっちが良い?】

 

テーマには無料のものと有料のものがあります。

 

・見た目を整えるだけならば無料で十分(初心者はまず無料からでOK。)

 

・有料のテーマは無料のテーマよりも機能面でかなり充実している。

 

・有料はカスタマイズの情報なども多く自分で好きなようにアレンジできる。

無料ならば一切お金はかかりません。

有料の場合、テーマの費用は安価なものから高価なものがあり5,000円~30,000円程度です。

相場は15,000円程度で、私のこのサイトは10,800円のテーマを使っています。

追加のためにPORIPUというSANGOのカスタマイズテーマも4,000円ほどで購入していますのでこのブログの初年度のテーマ代は15,000円程度ですね。

→ WordPressのテーマのおすすめ10選!無料 有料のテーマと変更のやり方

4.人件費

あとはワードプレスを作る時に人件費がかかります。

人件費といっても自分でサイトを作ればかかりませんが、本を読んだり勉強をしたりする必要があり約1万円程度自分ならばかかると思っておきましょう。

勉強代を安くする方法

※すべてGoogleで検索すれば0円です。

 

このサイトでもワードプレスの作り方などすべて書いています。わからないことを検索すれば問題ありません。

 

ちなみに私はワードプレスの本は1冊のみであとはGoogleで調べました。

また、スクールなどへ通い本格的にワードプレスを学んだ場合には10~40万円程度で通う日数やオンラインの内容により異なります。

あとは、外部委託です。

外部委託とはランサーズやクラウドワークス、ココナラなどに依頼をする方法で格安で10万円程度

企業サイトになると100万円程度になることもあります。

Takashi

ちなみに私もワードプレスの設置の仕事もしており、個人事業主向けに10万円から20万円程度で請け負っています。

ワードプレスで作ってほしいという方はお気軽にお問い合わせから連絡ください。

独学スクール外部委託
費用相場1万円程度

(本を数冊とGoogle)

10~40万円程度10~30万円程度

もちろんあなたが作る場合には制作時間や勉強をした時間の人件費は含めませんが実際にはかかっています。

プラグインは料金不要?

ワードプレスを使う場合にはプラグインが必要です。

これもほとんどのものは無料で、有料のものを使っている人は私の知り合いにもいません。

このサイトはSANGOの拡張プラグインを入れていますが、それも無料で手にはいりました。

→ ワードプレスプラグインおすすめ10選!インストールと削除の方法

すべての支払い方法はクレジットカードにしよう

これは注意点になりますが、支払いはすべてクレジットカードにしておきましょう。

理由は「更新忘れをしないため」です。

ドメインもサーバーも一番怖いのは「更新を忘れて紛失」することです。

もしなくなると、二度と手にはいりませんし育てたブログも水の泡となってしまいますので必ずクレジットカードで支払いましょう。

ワードプレスの料金はいくらかかるのか?投資すべき費用

ワードプレスにかかる費用をまとめると、

項目料金
サーバー10,000円程度
ドメイン1,00円程度
テーマ・テンプレート15,000円程度
合計

初年度:27,000円程度(月換算2,250円)

2年目:11,000円程度(月換算916円)

費用としては抑えるならばテンプレートは無料で行くことです。

しかし、アクセスが集まっているブログのテンプレを変えるとアクセスが減退化したという口コミも多いです。

もしワードプレスを導入するならば、最初から有料を導入するかは検討すべきですね。

人気記事 → GRC検索順位チェックツールはおすすめ リライトで簡単アクセスアップ

人気記事 → 【初心者向け】アフィリエイトaspおすすめ5選!広告で収入を得る方法

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です